長次郎七種(読み)ちょうじろうしちしゅ

大辞林 第三版の解説

ちょうじろうしちしゅ【長次郎七種】

初代楽長次郎作の茶碗のうち、千利休が名作として選んだと伝えられる七種。黒楽くろらくの大黒おおぐろ・鉢開はちびらき・東陽坊、赤楽の早船・検校・臨済・木守の七碗をいう。利休七種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の長次郎七種の言及

【長次郎】より

…代表的な茶碗として,黒楽には〈大黒〉〈東陽坊〉〈雁取〉〈北野〉〈俊寛〉などがあり,赤楽には〈無一物〉〈一文字〉〈太郎坊〉〈二郎坊〉などがあげられる。また初代長次郎作の茶碗から利休が7種を選んだとされる〈長次郎七種〉は,〈大黒〉〈東陽坊〉のほかに,黒楽では〈鉢開〉,赤楽では〈早船〉〈臨済〉〈検校〉〈木守〉で,利休七種とも呼ばれ,3代のんこう(道入)の時代からはそれらの写しが作られた。なお楽家2代は一般に常慶(宗慶の二男)とされている。…

※「長次郎七種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報