木守(読み)コモリ

デジタル大辞泉の解説

こ‐もり【木守】

庭園の樹木などを守って世話をすること。また、その番人
「―といふ者の、築地(ついぢ)のほどに廂(ひさし)さしてゐたるを」〈・八七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こもり【木守】

権門,寺社,官衙などの造営材木集積・加工場所たる木屋所(きやしよ)の番人。奈良・平安時代,大寺社や権門勢家の邸宅などの造営,修理がやすむことなく続けられたが,それには材木の集積が不可欠であった。そのような材木の集積場所として,泉木津(現,京都府相楽郡木津町)など各地の交通至便な地点には,各権門,大寺社などの木屋所が設定され,そこに木守が置かれた。例えば泉木津に置かれた東大寺の木屋所は,畠地4町の敷地であったが,1160年(永暦1)には,東大寺の木守3名と15人の寄人(よりうど)が居住し,寺役を務めており,その上に木屋預(きやあずかり)が置かれていたことがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こもり【木守】

庭などの樹木の番人。庭番。 「 -といふ者の、築土ついじのほどに廂さしてゐたるを/枕草子 87

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木守の関連情報