コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木守 コモリ

デジタル大辞泉の解説

こ‐もり【木守】

庭園の樹木などを守って世話をすること。また、その番人
「―といふ者の、築地(ついぢ)のほどに廂(ひさし)さしてゐたるを」〈・八七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

木守(きまもり)

香川県高松市、三友堂が製造・販売する銘菓干し柿を使った餡を挟んだ薄焼き煎餅。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こもり【木守】

権門,寺社,官衙などの造営材木集積・加工場所たる木屋所(きやしよ)の番人。奈良・平安時代,大寺社や権門勢家の邸宅などの造営,修理がやすむことなく続けられたが,それには材木の集積が不可欠であった。そのような材木の集積場所として,泉木津(現,京都府相楽郡木津町)など各地の交通至便な地点には,各権門,大寺社などの木屋所が設定され,そこに木守が置かれた。例えば泉木津に置かれた東大寺の木屋所は,畠地4町の敷地であったが,1160年(永暦1)には,東大寺の木守3名と15人の寄人(よりうど)が居住し,寺役を務めており,その上に木屋預(きやあずかり)が置かれていたことがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こもり【木守】

庭などの樹木の番人。庭番。 「 -といふ者の、築土ついじのほどに廂さしてゐたるを/枕草子 87

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木守の関連キーワードポンコツロボット太平記帰って来たヨッパライ花嫁衣裳は誰が着る男どアホウ!甲子園こまらせないで!秘密のデカちゃん男どアホウ甲子園中日ドラゴンズあんずよ燃えよおんな風林火山千宗守(3代)香川県高松市生類憐みの令くれない心中11人いる!武者小路千家7月17日教育社会学三日月情話叱られ人生

木守の関連情報