コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沼氏 ながぬまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ながぬまうじ【長沼氏】

中世,下野の在地領主小山政光の子宗政を祖とする。宗政は,朝政(小山),朝光(結城)とともに小山三兄弟の一人で,治承・寿永の内乱期には,朝政とともに志田義広を下野野木宮(のぎのみや)合戦に破り,平氏や奥州藤原氏追討に戦功を立てた。1213年(建保1)には,畠山重忠の子の僧重慶が日光山麓で反乱を企てるとの風聞が立つと,逮捕の命に背いてこれを誅殺し,将軍源実朝の怒りを買った。承久の乱では戦功があり,淡路の守護に任命され,この翌々年淡路国大田文が作成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の長沼氏の言及

【淡路国】より

…これらの守護領はすべて国領にあるが,津名郡に1ヵ所,三原郡に4ヵ所で,国衙のあった三原郡に支配の重点がおかれていた。長沼氏はさらに津名郡に2ヵ所の守護領(うち1ヵ所は荘園)を増やすなど,しだいに勢力を広げ,守護職を世襲して鎌倉末におよんだ。 南北朝内乱に当たり,足利一門の細川師氏が1336年(延元1∥建武3)淡路守護となり,その兄細川頼春の援助を受けて南朝方の制圧に当たった。…

【下野国】より

…【勝浦 令子】
【中世】

[鎌倉時代]
 創業期の鎌倉幕府を支えた下野の有力御家人には,平将門の乱鎮圧に功のあった藤原秀郷の子孫小山(おやま),結城(ゆうき),長沼,佐野,小野寺などの諸氏のほか,源姓足利,宇都宮,那須の各氏がいた。小山氏は鎌倉・南北朝時代を通じて一貫して下野の守護であり,一時期播磨の守護職をも兼帯し,また支族の長沼氏も淡路国の守護職に任ぜられている。宇都宮氏は1189年(文治5)奥州征伐の恩賞として陸奥遠田郡の地頭職に任命され,また宇都宮二荒山(ふたらやま)神社の社務職を相伝するなど,下野中部随一の武将として活躍した。…

※「長沼氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長沼氏の関連キーワード長沼[町]田島[町]南会津町小山氏鴫山城摂津国長沼関氏

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長沼氏の関連情報