コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長禹功 ちょう うこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長禹功 ちょう-うこう

1716-1774 江戸時代中期の画家。
享保(きょうほう)元年生まれ。朱竹を得意とし,詩もよくした。のち出家し,買山と号した。漢詩集「買山詩鈔」などをあらわす。安永3年10月死去。59歳。山城(京都府)出身。名は公勲。通称は宗仁。号は青楓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長禹功の関連キーワード元素発見史(年表)ルイルイゲーテマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)享保徳川吉宗享保の改革

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone