コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長者丸 ちょうじゃがん

大辞林 第三版の解説

ちょうじゃがん【長者丸】

富豪となるための心得を、丸薬の処方に似せて説いたもの。 「 -といへる妙薬の方組/浮世草子・永代蔵 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

長者丸の関連キーワード太三郎(2)六兵衛(2)藤野喜兵衛時規物語浮世草子小林一瓢次郎吉方組み漂流金蔵丸薬

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長者丸の関連情報