コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長船騏郎 オサフネキロウ

2件 の用語解説(長船騏郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おさふね‐きろう〔をさふねキラウ〕【長船騏郎】

[1924~2007]岡山の生まれ。日本学生野球協会の運営に携わり、明治神宮野球大会などの開催を手がけた。また、選抜高等学校野球大会の選考委員を務めるなど、学生野球の発展に尽力。全日本アマチュア野球連盟の結成にも取り組み、プロ野球界とアマチュア野球界の交流に貢献した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長船騏郎 おさふね-きろう

1924-2007 昭和後期-平成時代のアマチュア野球功労者。
大正13年1月30日生まれ。早大時代は捕手として活躍。繰り上げ卒業し,昭和19年出征。日冷商事勤務をへて,27年学生野球指導委員会(現・日本学生野球協会)にはいる。平成13年全日本アマチュア野球連盟専務理事。16年アテネ五輪では長嶋茂雄監督の誕生に尽力し,チーム団長となる。19年全日本アマチュア野球連盟会長。平成19年9月10日死去。83歳。24年特別表彰で野球殿堂入り。岡山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長船騏郎の関連キーワード東義国熊田誠桑原住雄重田保夫千田夏光長幸男東中光雄松本作衛山寺秀雄勝又進

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone