コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長良顧斎 ながら こさい

1件 の用語解説(長良顧斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長良顧斎 ながら-こさい

1747*-1806 江戸時代中期-後期の医師,儒者。
延享3年11月23日生まれ。代々医を業とした。京都の古義堂で儒学を,吉益東洞(よします-とうどう)に医術をまなぶ。安永2年から伊勢(いせ)津藩につかえる。文化3年8月8日死去。61歳。名は承芳。字(あざな)は子軌。通称は洞彦。著作に「傷寒論私説」「楠正儀北降論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長良顧斎の関連キーワード笠井魚路九鬼隆張後藤清乗(4代)佐藤就正清水曲河高橋正元樗雲中村重助(3代)平林東岳由良箕山

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone