コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古義堂 こぎどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古義堂
こぎどう

堀河塾,堀河学校ともいう。寛文2 (1662) 年,伊藤仁斎が京都堀河 (京都市上京区東堀川通出水) に開設した私塾。実践道徳を重んじる古義学を教えるため,私宅を塾にあてた。子の東涯,蘭嵎 (らんぐう) をはじめ子孫が継承し,明治1 (1868) 年の6代ゆう軒まで続いた。全国から門人が集り,一時は門弟 3000人といわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

古義堂【こぎどう】

伊藤仁斎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こぎどう【古義堂】

古義学を唱えた儒学者伊藤仁斎の学塾。1662年、京都堀川の自宅に創設。堀川学校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古義堂
こぎどう

江戸時代、伊藤仁斎(じんさい)が京都・堀川下立売(しもたちうり)に開いた儒学の私塾。堀川学校ともいう。1662年(寛文2)創立。商人出身で古学を講ずる伊藤仁斎・東涯(とうがい)父子のもとに、多くの公卿(くぎょう)、医者、富商らが参集。『論語』『孟子(もうし)』『中庸』を中心とする聖賢の古典の徹底的究明によって、自らの道徳の完成を目ざした。同志、門弟が茶菓を持ち寄り、温かい雰囲気のなかで、研究会や講義によって学習が行われ、独自の塾風が養われ、多くの人材が輩出した。為政者に対する批判はしないが、理念的に、幕府御用の朱子学派を批判し、幕藩支配を根本的に否定する主張を含む。[木槻哲夫]
『加藤仁平著『伊藤仁斎の学問と教育』(1940・目黒書店) ▽吉川幸次郎・清水茂編『日本思想大系33 伊藤仁斎・伊藤東涯』(1971・岩波書店) ▽天理図書館編・刊『古義堂文庫目録』(1956)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の古義堂の言及

【伊藤仁斎】より

…同時に生涯をかけて完成に努めた主著《三書古義》(《論語古義》《孟子古義》《中庸発揮》)を起草しはじめる。 仁斎の家塾と学説を古義堂,古義学(仁斎学)と呼ぶのは,仁斎が朱子の注釈を排除して,直接《論語》《孟子》の本文を読解し聖人の原義を求めよと主張するためである。古義学は道徳の基準を人情におくなど元禄期町人文化を代表する側面をもつので,京都を中心に全国に広がった。…

【堀川】より

…古くから運河として利用され,丹波から桂川へと流された材木は堀川をさかのぼって五条付近まで運ばれ,中世には材木市が立ち,商人が集住した。堀川沿いには江戸時代にも材木商が多く,儒者伊藤仁斎の生家は材木商であったと伝え,堀川学派の古義堂も堀川下立売にあった。近世後期には川沿いに染色業も発達する。…

※「古義堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古義堂の関連キーワード伊藤仁斎宅〈古義堂〉跡ならびに書庫文庫(書庫)天理図書館武田立斎長良顧斎伊藤東峯伊藤東所堀川学派伊藤輶軒奥田士亨速水宗達中村惕斎伊藤梅宇伊藤東涯芥河貞佐伊藤蘭嵎鹿持雅澄木村鳳梧古義堂跡武田三益

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android