コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長覚 ちょうかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長覚 ちょうかく

1340-1416 南北朝-室町時代の僧。
暦応(りゃくおう)3=興国元年8月生まれ。真言宗出羽(でわ)湯殿山(山形県)で出家。応永10年高野山無量寿院の住持宥快(ゆうかい)の宝門学派に対して寿門学派を称し,一山の学僧を二分して真言教学研究の隆盛をもたらした。応永23年11月15日死去。77歳。出羽出身。俗姓は安達。字(あざな)は本智房。著作に「大疏指南鈔」「悉曇字記決択鈔(しったんじきけっちゃくしょう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長覚

没年:応永23.11.15(1416.12.4)
生年:暦応3/興国1.8(1340)
南北朝期の真言宗の僧で,同時代における高野山の密教哲学研究の第一人者。出羽出身。湯殿山の長宣に師事して出家。高野山に登り,義宣や頼円など多くの学匠から密教を修学する。さらに鎌倉,能登など各地の学問僧を訪ね,真言密教や悉曇(サンスクリット)学の研讃を積む。高野山に戻ったのちは,道範の不二門の考え方を継承し,長誉ら多くの学徒を育成して黄金時代を現出した。著書に『大疏指南鈔』『悉曇字記鈔』などがある。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

長覚の関連キーワード高山不動室町時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長覚の関連情報