コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長覚 ちょうかく

2件 の用語解説(長覚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長覚 ちょうかく

1340-1416 南北朝-室町時代の僧。
暦応(りゃくおう)3=興国元年8月生まれ。真言宗。出羽(でわ)湯殿山(山形県)で出家。応永10年高野山無量寿院の住持。宥快(ゆうかい)の宝門学派に対して寿門学派を称し,一山の学僧を二分して真言教学研究の隆盛をもたらした。応永23年11月15日死去。77歳。出羽出身。俗姓は安達。字(あざな)は本智房。著作に「大疏指南鈔」「悉曇字記決択鈔(しったんじきけっちゃくしょう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長覚

没年:応永23.11.15(1416.12.4)
生年:暦応3/興国1.8(1340)
南北朝期の真言宗の僧で,同時代における高野山の密教哲学研究の第一人者。出羽出身。湯殿山の長宣に師事して出家。高野山に登り,義宣や頼円など多くの学匠から密教を修学する。さらに鎌倉,能登など各地の学問僧を訪ね,真言密教や悉曇(サンスクリット)学の研讃を積む。高野山に戻ったのちは,道範の不二門の考え方を継承し,長誉ら多くの学徒を育成して黄金時代を現出した。著書に『大疏指南鈔』『悉曇字記鈔』などがある。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長覚の関連キーワード英仲法俊兼国(2)孝信尊賢長雅長懐道尊(2)明渓光聞無言昌謹頼勝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長覚の関連情報