コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宥快 ゆうかい

6件 の用語解説(宥快の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宥快
ゆうかい

[生]興国6=康永4(1345)
[没]応永23(1416).7.
室町時代真言宗僧。高野山宝性院で信弘の教えを受け,顕密諸教を研究。のち同寺に講筵を設け,多数の学徒を集め,宗風を宣揚した。高野山の教相学を確立し,応永の大成と称される。著書は『大疏鈔』『釈論鈔』『宗義決択集』『宝鏡鈔』『悉曇決択鈔』など多数。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうかい〔イウクワイ〕【宥快】

[1345~1416]室町前期の真言宗の僧。京都の人。字(あざな)は性厳。高野山の信弘に密教を学び、「宝鏡鈔」を著して立川流を批判。高野山教学の大成者とされる。著はほかに「大疏鈔」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宥快【ゆうかい】

室町初期の真言宗の僧。京都の人。藤原実光の子。高野(こうや)山宝性(ほうしょう)院の信弘から両部の秘法を受け,また京都山科(やましな)の安祥寺興雅に受法し,真言宗の教義を明確に位置づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宥快 ゆうかい

1345-1416 南北朝-室町時代の僧。
貞和(じょうわ)元=興国6年生まれ。真言宗。高野山宝性院の信弘に師事し,その跡をついで宝性院門主となる。「宝鏡鈔」をあらわして立川流を批判。京都安祥寺の興雅にまなび,同寺門主をかねる。長覚とともに高野山の教学を大成。「宗義決択集」「大日経疏鈔(しょしょう)」などおおくの著作がある。応永23年7月17日死去。72歳。京都出身。字(あざな)は性厳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宥快

没年:応永23.7.17(1416.8.10)
生年:貞和1/興国6(1345)
南北朝・室町時代の真言宗の僧。左少将藤原実光の子。山城(京都府)の出身。常陸(茨城県)佐久間寺の栄智について出家したのち,高野山に登り宝性院の信弘に師事する。応安7/文中3(1374)年信弘の跡を継いで宝性院門主となる。立川流を邪教として批判し『宝鏡鈔』を著したことから名声が高まる。永和3/天授3(1377)年山科安祥寺の興雅に学び,永徳3/弘和3(1383)年同寺門主職を兼務。応永13(1406)年に善集院に隠退し,講学や著述に専念する。南山教学の大成者として有名で,長覚 の寿門派に対して宝門派を称す。特に長覚の不二門に対して而二門を主張。著書すこぶる多く後世に大きな影響を与える。「根来寺の頼瑜,東寺の杲宝,高野の宥快」ともいわれる。<参考文献>『密宗学報』記念号25号

(井野上眞弓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宥快
ゆうかい
(1345―1416)

室町時代の真言(しんごん)宗の僧。真言宗の教学史上屈指の学者で、南山(高野山(こうやさん))教学の大成者。字(あざな)は性厳房(しょうごんぼう)。藤原実光(さねみつ)の子として京都に生まれる。17歳で出家し瑞厳(ずいごん)と称し、のちに高野山宝性院(ほうしょういん)の信弘(しんこう)に師事して宥快と改名。教相・事相(密教の教義面・修行面)の諸流を学び宝性院門主となり、『宝鏡鈔(ほうぎょうしょう)』を著して邪教立川流(たちかわりゅう)を反駁(はんばく)した。京都山科(やましな)の安祥寺(あんしょうじ)に法を受けて門主となる。このころ寿門長覚(じゅもんちょうがく)について悉曇灌頂(しったんかんじょう)を受け研鑽(けんさん)に励むが、ある夜丹生津姫(にうつひめ)の霊感を身に受け、疑団たちまち氷解したという。門弟に宥信(ゆうしん)などがいる。著に『大日経口之疏鈔(だいにちきょうくちのしょしょう)』など多数ある。[吉田宏晢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宥快の関連キーワード左少将顕円弘賢聖快聖皐定忠禅守宗観(1)長尊宥信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone