コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川春草 はせがわ しゅんそう

1件 の用語解説(長谷川春草の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川春草 はせがわ-しゅんそう

1889-1934 大正-昭和時代前期の俳人。
明治22年8月19日生まれ。渡辺水巴(すいは)にまなぶ。俳書堂にはいり,「俳諧(はいかい)雑誌」の編集にたずさわる。のち春灯派の俳人である妻湖代(こよ)と東京銀座で料亭「はせ川」を経営した。昭和9年7月11日死去。46歳。東京出身。本名は金太郎。通称は金之助。句集に「春草句帖(くちょう)」など。
【格言など】すずしさや命を聴ける指の先(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長谷川春草の関連キーワードテンプル日本製鉄内田百閒イギリス映画御殿場線中国映画動物保護饗庭篁村広島(市)神風連

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone