コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川秀一 はせがわ ひでかず

美術人名辞典の解説

長谷川秀一

武将・越前東郷城主。本名貞長・藤五郎。織田信長豊臣秀吉に仕える。根来討伐に功をあげ侍従に任ぜられる。朝鮮出兵中病歿。文禄3年(1594)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川秀一 はせがわ-ひでかず

?-1594 織豊時代の武将。
織田信長につかえ,天正(てんしょう)7年(1579)安土(あづち)宗論をつかさどる。信長の死後,豊臣秀吉につかえ,13年越前(えちぜん)(福井県)東郷城主。11万石。九州攻めののち侍従となり,羽柴東郷侍従とよばれた。文禄(ぶんろく)の役で朝鮮にわたり,文禄3年2月死去。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は貞長とも。通称は竹,藤五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川秀一

没年:文禄3.2(1594)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。尾張国葉栗郡北方村(一宮市)の出身。幼名竹,通称を藤五郎。元亀1(1570)年5月,織田信長の黒印状添状を出しており,早くから信長の側に仕えていた。『信長公記』には天正6(1578)年から「長谷川竹」の名で出てくる。翌7年,安土の宗論をつかさどったことは有名。信長死後は豊臣秀吉に仕え,天正13年の紀伊根来・雑賀攻めおよび四国攻めの軍功によって越前国敦賀郡で11万石が与えられ,東郷城主となり,同15年の九州攻めののち,従五位下・侍従に叙任された。文禄の役には5000人を率いて渡海し,晋州城の包囲戦に加わり,同地で没した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

長谷川秀一の関連キーワード牧野成里大野城没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android