長門勇(読み)ながと いさむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長門勇 ながと-いさむ

1932-2013 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和7年1月1日生まれ。昭和24年高校を中退,岡山県倉敷の劇場に出演中の高尾光子一座にくわわる。のち東京浅草小劇場などでストリップの幕間コントに出演。38年テレビ「三匹の侍」で人気をえる。舞台「春の坂道」,テレビ「赤穂浪士」,映画「道場破り」などで活躍。平成25年6月4日死去。81歳。岡山県出身。本名は平賀湧。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

長門勇【ながといさむ】

俳優。岡山県生れ。本名平賀湧(いさむ)。高校を中退し,1949年にコメディアンを目指して上京。浅草のロック座・フランス座などの劇場で渥美清らと修業を重ねたのち,テレビ界へ進んだ。1963年に五社英雄演出によるテレビ時代劇《三匹の侍》で平幹二朗(ひらみきじろう)・丹波哲郎とともに主演の浪人役を演じ,そのキャラクターはユーモラスな岡山弁を話す槍の達人であった。その後もテレビ《スチャラカ社員》での岡山弁のセリフ〈おえりゃあせんのう〉(〈駄目だなぁ〉の意)が流行語となり,映画や舞台でも活躍し,後年は名脇役としての評価が高かった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android