コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渥美清 あつみきよし

6件 の用語解説(渥美清の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渥美清
あつみきよし

[生]1928.3.10. 東京
[没]1996.8.4. 東京
映画俳優。本名,田所康雄 (たどころやすお) 。東京市下谷区車坂町 (現,上野7丁目) に生れる。中学卒業後,新派軽演劇の幕引きとなり,いくつもの劇団を渡り歩く。 1953年,浅草のストリップ劇場,フランス座に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あつみ‐きよし【渥美清】

[1928~1996]映画俳優。東京の生まれ。本名、田所康雄。「男はつらいよシリーズ(全48作)の主人公フーテンの寅(とら)こと車寅次郎役で人気を得、本人も作品も「寅さん」の愛称で呼ばれる。没後、国民栄誉賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

渥美清【あつみきよし】

俳優。本名田所康雄。東京生れ。1945年巣鴨中学卒。いくつかの劇団をへた後,浅草のフランス座でコメディアンとして修行。野村芳太郎監督《拝啓天皇陛下様》(1959年)で粗野だが天衣無縫な人物を好演,出世作となる。
→関連項目軽演劇長門勇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渥美清 あつみ-きよし

1928-1996 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和3年3月10日生まれ。昭和28年浅草フランス座にはいり,コメディアンとして活躍。36年NHK夢であいましょう」に出演,37年フジテレビの「大番」主演でスターとなる。44年山田洋次監督の映画「男はつらいよ」の主人公フーテンの寅こと車寅次郎役で人気を得,同シリーズの第48作を最後に平成8年8月4日死去。68歳。国民栄誉賞。東京出身。巣鴨中学卒。本名は田所康雄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

あつみきよし【渥美清】

1928~1996) 俳優。東京生まれ。本名、田所康雄。浅草の舞台コメディアンから映画界へ入る。「男はつらいよ」シリーズのフーテンの寅さん役で国民的人気を得る。出演作「拝啓天皇陛下様」「ブワナ-トシの歌」「八つ墓村」「キネマの天地」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渥美清
あつみきよし
(1928―1996)

俳優。東京都生まれ。本名田所康雄。巣鴨中学(旧制)卒業後、数々の大衆演劇劇団を経て、1953年(昭和28)浅草のフランス座に入る。浅草軽演劇の黄金時代に、コメディアンの才を磨く。1954年肺結核で片肺を切除したが、3年後に復帰。1959年にテレビに進出。1962年フジテレビ『大番』の主役でお茶の間の人気を博す。1963年の松竹映画『拝啓天皇陛下様』が映画俳優としての出世作で、無知でひたむきな愛すべき庶民像を生き生きと演じた。1968年フジテレビの連続ドラマ『男(おとこ)はつらいよ』(山田洋次脚本)に主演、翌1969年に映画化され国民的人気俳優となった。映画『男はつらいよ』は1996年(平成8)の正月公開作品まで全48作というギネスブックにも登録される世界にも類のない長寿シリーズとなった。全国を渡り歩く主人公「フーテンの寅(とら)=車寅次郎」は、自身が少年時代に見かけたテキ屋の思い出をもとに山田洋次監督が作り出したキャラクターで、渥美清の代名詞ともなった。1969年キネマ旬報主演男優賞、毎日映画コンクール男優主演賞、1982年ブルーリボン賞主演男優賞ほか数々の賞を受賞。1988年には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章。死後、国民栄誉賞が贈られた。平成8年8月4日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の渥美清の言及

【男はつらいよ】より

…《寅さん》シリーズとも呼ぶ。1969年の第1作以来,監督は山田洋次,主演は渥美清。シリーズとして世界最長記録である。…

【軽演劇】より

… しかし一方,戦後,軽演劇にとってかわった形で庶民の娯楽として全盛をきわめたストリップショーのコントの中から,あらたな軽演劇の人材が育った。たとえば,一時期の浅草フランス座には,戦前からのベテランの佐山俊二のほか,渥美清(1928‐96),関敬六,谷幹一,南利明,八波むと志,作家の井上ひさし(1934‐ )といった,若い才能が集まっていた。また由利徹は〈ムーラン・ルージュ〉解散後は新宿セントラルなどに出演していたし,三波伸介(1930‐82),戸塚睦夫は新宿フランス座の出身である。…

【柴又】より

…1629年(寛永6)に創建された日蓮宗の題経(だいきよう)寺(柴又帝釈天)は庚申待ちの信仰と結びついて,江戸時代後期から参詣者がふえ,1913年京成金町線の開通により,柴又はその門前町としてにぎわうようになった。最近は,渥美清の演ずる映画〈男はつらいよ〉シリーズの舞台として知られている。また,江戸川を横切って松戸に渡る矢切の渡(やぎりのわたし)も残る。…

※「渥美清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

渥美清の関連キーワード森毅加藤進鈴木鷹夫関晃立間祥介角田達郎中嶋正昭中村きい子山下和夫吉田鎮雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渥美清の関連情報