コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波哲郎 たんば てつろう

1件 の用語解説(丹波哲郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹波哲郎 たんば-てつろう

1922-2006 昭和後期-平成時代の俳優。
大正11年7月17日生まれ。昭和27年「殺人容疑者」で映画デビュー。おもに悪役を演じる。テレビドラマ「トップ屋」「三匹の侍」などで人気をあつめ,「007は二度死ぬ」などの外国映画にも出演。霊界研究家としても知られ,映画「丹波哲郎の大霊界」の総監督をつとめた。平成18年9月24日死去。84歳。東京出身。中央大卒。本名は正三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の丹波哲郎の言及

【丹下左膳】より

…大河内伝次郎はさらに54年まで,つまり四半世紀にわたって丹下左膳を演じ続けた。ほかに丹下左膳を演じた俳優としては,第2次世界大戦以前に月形竜之介,戦後に阪東妻三郎,水島道太郎,大友柳太朗,丹波哲郎,中村錦之助(のち萬屋錦之介)がいる。 このように数多くの丹下左膳映画がつくられてきたのは,片目片腕の虚無的な主人公の怪人ぶりが波乱に富んだストーリーのなかで魅力的に発揮されることに時代劇ならではのおもしろさがあるためであるが,それにからまって,妖婦櫛巻お藤や少年チョビ安など周辺人物の多彩さ,またほとんどの場合に主役が丹下左膳とともに大岡越前守を一人二役で演じたこと(一人三役・四役の場合もあった),さらには丹下左膳が女ものの長襦袢を着ていることに見られる衣装の華やかさ等々,あらゆる要素が映画的な魅惑を放っていることも見落とすことはできない。…

※「丹波哲郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

丹波哲郎の関連キーワードブラジル文学意匠アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧エチオピアの要覧オーストリアの要覧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹波哲郎の関連情報