コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開口障害 かいこうしょうがいtrismus

翻訳|trismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開口障害
かいこうしょうがい
trismus

なんらかの原因で下顎の開口が制限される状態をいう。破傷風になると,咀しゃく筋の強直によって開口不能となるが,これは最も特徴的で,しかも初期に出現する症状である。この状態は牙関緊急ともいわれる。開口障害の局所的原因には顎関節症顎関節炎,顎関節脱臼,顔面骨折などがある。そのほか,扁桃炎などの疼痛とか,上顎癌の後方への進展,全身的な筋肉・神経疾患などに伴って起ることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

開口障害の関連キーワード頬部腫脹(頬の腫れ)顎関節症/顎関節内障口底蜂窩織炎智歯周囲炎急性扁桃炎顎骨骨折ヘビ咬傷中咽頭癌口内炎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開口障害の関連情報