コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顎関節脱臼 がくかんせつだっきゅう luxation of the temporomandibular joint

4件 の用語解説(顎関節脱臼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顎関節脱臼
がくかんせつだっきゅう
luxation of the temporomandibular joint

俗に顎がはずれるという状態。顎関節を包む関節嚢は伸展性があるので,外傷や,あくび大笑い,あるいは歯科治療などで口を大きく開けたときなどに脱臼することがある。脱臼すると,口がしまらなくなり,よだれが出たり,飲込む動作や話すことができなくなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

顎関節脱臼【がくかんせつだっきゅう】

下顎脱臼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

がくかんせつだっきゅう【顎関節脱臼 Dislocation of the Temporomandibular Joint】

[どんな病気か]
 片側あるいは両側のあごの関節がはずれる病気で、口を大きく開けすぎることが原因となります。
 口を閉じられなくなって、会話もできなくなります。耳の前がくぼんで、頬骨(ほおぼね)の下に脱臼(だっきゅう)した下顎頭(かがくとう)がふくらんで突出した状態になります。
 治療は、下あごの奥の部分を押し下げるようにして整復します。
 口腔外科(こうくうげか)、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)、整形外科で治療が受けられます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顎関節脱臼
がくかんせつだっきゅう

俗に「あごが外れた」という語で表現されるが、下顎頭が顎関節から外れて、正常位置に戻らなくなった状態をいう。あくび、嘔吐(おうと)、歯の治療などの際の無理な開口、全身麻酔時の気管内挿管、あるいは開口時のおとがい(頤)部に対する打撲などによって生ずる。脱臼方向によって前方、後方、側方に分けられるが、前方脱臼が大部分を占め、下顎頭が関節円板とともに関節結節を越えて前方に脱出した状態を示す。両側性に前方脱臼がおこると、下顎骨は前下方に移動し、口を閉じることができなくなり、顔貌(がんぼう)は面長になる。そしゃく、発音および嚥下(えんげ)に障害がおき、よだれが流れ、関節部に疼痛(とうつう)あるいは不快感が生ずる。片側性脱臼の場合は、下顎正中部が脱臼していない側(健康側)にずれるが、障害の程度は軽い。脱臼直後の場合は、ただちに徒手整復を行い、数週間顎運動を制限する。脱臼後時間が経過すればするほど整復はむずかしくなる。[土谷尚之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の顎関節脱臼の言及

【あご(顎)】より

…したがって関節面の形もそれぞれ特有の形を示す。
[顎関節脱臼]
 下顎頭が側頭骨の下顎窩から脱出して関節結節を越える前方脱臼と,下顎頭が外耳道前壁の骨折を伴って後退する後方脱臼とがある。一般に前方脱臼が多く,これが俗にいう〈あごが外れる〉状態である。…

※「顎関節脱臼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

顎関節脱臼の関連キーワード何心地病は気からドンナゴデリエの法則ドンナン効果副耳(過剰耳)子宮内反(症)果部骨折骨斧《ロンドンなき後,あるいは野生のイギリス》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone