コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開拓鉄道 かいたくてつどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開拓鉄道
かいたくてつどう

未開発,低開発地域の開発を目的として建設された鉄道で,植民地に多いのでしばしば植民地鉄道と同義語とされる。自動車交通の発達により少くなったが,オーストラリア西部の鉄山群と海岸の積出港を結ぶ鉄道,カナダラブラドル半島の鉄山と積出港を結ぶ鉄道など,大鉱床の鉱石輸送用には依然として新設が続いている。アメリカやカナダの大陸横断鉄道やシベリア鉄道は,19世紀の大規模な開拓鉄道の例である。日本では 1882年の北海道開拓の幌内鉄道 (小樽-札幌-幌内) が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android