開渠(読み)かいきょ

精選版 日本国語大辞典「開渠」の解説

かい‐きょ【開渠】

〘名〙
① 上部をあけはなしたままで、おおいのない水路
※人の子にねぐらあり(1954)〈清水一〉について「その工場の排水用開渠には、真菰が寄り合って、風にそよいでゐる」
鉄道軌道が上を横断する水路や道路などで、その横断部分に特におおいの設けてないもの。二メートル以上にわたるものは鉄橋と称する。
船渠(せんきょ)(=ドック)を新しく開設すること。
大阪朝日新聞‐明治三八年(1905)八月一〇日「新に七千噸の浮船渠を備へたる兵庫和田岬の三菱造船所は八日午後開渠式を挙行したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開渠」の解説

かい‐きょ【開×渠】

ふたをしていない水路。⇔暗渠あんきょ
鉄道や軌道の下を横切る水路または道路で、横断部分に覆いのないもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android