コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑吟 カンギン

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぎん【閑吟】

[名](スル)静かに詩歌などを口ずさむこと。「山中で独り閑吟する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぎん【閑吟】

( 名 ) スル
しずかに詩歌などを吟ずること。 「風詠-して興ぜさせ給ひけるが/太平記 21

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閑吟の関連キーワードフランク・P. ホーフ讃談・讃歎・讚談・讚歎矢川 澄子岡部桂一郎浅野 建二こきりこ踊宗安小歌集狂言小歌隆達小歌目目雑魚海道下り地主の桜恋は曲者勝見草やろう練貫酒放下僧歌い物我御料隆達節

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑吟の関連情報