コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭谷 ていこくZheng Gu

2件 の用語解説(鄭谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭谷
ていこく
Zheng Gu

[生]会昌2(842)?
[没]開平4(910)?
中国,晩唐の詩人。宜春 (江西省) の人。字,守愚。幼少から才名が高く,7歳で詩をつくったといわれる。清新な詩風で,写景,抒情にすぐれる。七言律詩『鷓鴣 (しゃこ) 』が有名で,そのため鄭鷓鴣と呼ばれた。詩集に『雲台編』 (3巻) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていこく【鄭谷 Zhèng Gǔ】

?‐896?
中国,唐末の詩人。字は守愚。宜春(江西省)の人。司空図(しくうと)に文才を認められた。光啓3年(887)進士に及第し,官位は都官郎中に至った。鄭都官とも称される。〈鷓鴣詩(しやこのし)〉が広く人口に膾炙(かいしや)し,ために鄭鷓鴣の呼び名さえあった。清婉明白な詩風と評される。僖宗(きそう)に従って華山に登り,雲台の道観において編まれた詩集《雲台編》3巻がよく知られる。ほかに《宜陽集》3巻の著もあったが散逸した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

鄭谷の関連キーワード阿保親王橘逸勢阿保親王橘逸勢承和イタリア語阿保親王岩沼恵運北川

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone