コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間充ゲル かんじゅうゲル mesoglea

2件 の用語解説(間充ゲルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間充ゲル
かんじゅうゲル
mesoglea

刺胞動物において,内外 2層の細胞の間を埋めるゼリー状の物質。中膠(ちゅうこう)ともいう。水中で体型を維持する働きがあるが,細胞を含むことがあって,これは高等動物(3胚葉性動物〈→胚葉〉)の中胚葉とある程度対応づけて考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんじゅうゲル【間充ゲル】

海綿動物の皮層と胃層との間にある寒天状物質の層。皮層や胃層から移入した変形細胞・骨片母細胞・原生細胞などが散在する。
腔腸動物の表皮と腔腸との間にある寒天状物質の層。中膠ちゆうこう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間充ゲルの関連キーワード海道電通四季劇場[海]海老江海岸町海(硯)《海》静(浄)海与謝(佐)海

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone