コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間宮新五郎 まみや しんごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間宮新五郎 まみや-しんごろう

?-1677 江戸時代前期の農民。
武蔵(むさし)荏原(えばら)郡(東京都)新井宿の名主。年貢減免の訴状領主木原氏にだし,延宝5年1月11日打ち首となった大森六人衆のひとり。同地の善慶寺にその訴状写しが保存されている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

間宮新五郎

没年:延宝5.1.11(1677.2.12)
生年:生年不詳
江戸前期の武蔵国荏原郡(東京都)新井宿の百姓代。大森六人衆といわれる義民のひとり。延宝2(1674)年9月新井宿の名主,惣百姓苛斂誅求にたえかねて,年貢減免願の訴状(新五郎が書く)を領主に提出したところ,5年1月代表6人が捕らえられて打ち首となった。

(山田忠雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

間宮新五郎の関連キーワード没年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android