コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王鑑 おうかんWang Jian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王鑑
おうかん
Wang Jian

[生]万暦26(1598)
[没]康煕16(1677)
中国,清初の文人画家。太倉 (江蘇省) の人。明末の詞宗王世貞の曾孫。四王呉 惲 (ごうん) の一人。字は円照,号は湘碧,染香庵主。廉州の太守になったので王廉州ともいう。王時敏同郷の親友で,明代呉派の文人画風を継ぎ,清代山水画風の基礎を築いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

王鑑【おうかん】

中国,清初の文人画家。江蘇の人。四王呉【うん】の一人。字は元(円)照,号は湘碧,染香庵主。明末,廉州の知府を務めたが,明朝滅亡後は画業に専念した。王時敏と親交があり,ともに画技の研究に励んだことは有名。
→関連項目王【き】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうかん【王鑑 Wáng Jiàn】

1598‐1677
中国,清代初期の画家。婁東(ろうとう)(江蘇省太倉)の人。明代の文豪王世貞の曾孫。字は玄照,のちに円照。号は湘碧,染香庵主。明末に廉州(広東省合浦)太守となったので王廉州と呼ばれる。幼少より家蔵の古書画を学び,同郷の友王時敏とともに董其昌(とうきしよう)に師事し,南宗画(なんしゆうが)の正系を受け継ぐ清初の正統派文人画壇の指導的役割を果たした。四王呉惲(しおうごうん)の一人。また王時敏とともに〈国初の二王〉と称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうかん【王鑑】

1598~1677) 中国の画家。江蘇省出身。字あざなは円照、号は湘碧。明の学者王世貞の孫。南宗画を学び、文人画の重鎮として清代絵画の基礎を築いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王鑑
おうかん
(1598―1677)

中国、明(みん)末清(しん)初の画家。王時敏(おうじびん)、王(おうき)、王原祁(おうげんき)、呉歴(ごれき)(うんかく)とともにいわゆる四王呉(しおうごうん)の一人。江蘇(こうそ)省太倉(たいそう)の出身で、明末の大文豪王世貞(おうせいてい)の孫。字(あざな)は元照(元)あるいは円照。号は湘碧(しょうへき)、染香庵主(あんしゅ)。廉州(れんしゅう)の知府となったので王廉州ともよばれた。1637年(崇禎10)40歳で官を辞し故郷で画業に専念。その画風は元末の四大家、とくに黄公望(こうこうぼう)、王蒙(おうもう)の風に倣い、宋(そう)の董源(とうげん)、巨然(きょねん)にさかのぼる董其昌(とうきしょう)の理論を学び受け継ぎ典型化した。王時敏とは同族、同郷、同年輩の親友で、祖父以来蓄えられた古画を臨模するなど、互いに画技を磨き、ともに正統派の画人として清代絵画の基礎を築いた。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の王鑑の言及

【四王呉惲】より

…中国,清代初期の正統派文人画家を代表する王時敏,王鑑,王翬(おうき),王原祁(おうげんき),呉歴,惲寿平の6人。清初六大家。…

※「王鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王鑑の関連キーワード王原祁向象賢呉歴四王太倉王翬惲格

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android