コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間島事件 かんとうじけん

大辞林 第三版の解説

かんとうじけん【間島事件】

1920年(大正9)、日本が中国の間島地方を拠点とする朝鮮民衆の反日独立運動を弾圧するため、日本領事館襲撃を口実に出兵した事件。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間島事件
かんとうじけん

琿春事件」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間島事件
かんとうじけん

1920年、間島地方(ほぼ中国吉林(きつりん/チーリン)省延辺(えんぺん/イエンピエン)朝鮮族自治州にあたる)の抗日朝鮮民族独立運動に対し、日本軍が行った弾圧事件。三・一独立運動以後、多くの独立運動家が日本の弾圧を避けて、国外で活動を続けた。間島地方では山や丘陵に囲まれた地の利と、シベリアに接していることからロシア革命勢力の支援を受けて、独立運動が大規模に、また組織的に行われていた。
 1920年の9月と10月、2回にわたり「不逞(ふてい)鮮人」(日本が抗日朝鮮人に対して用いた呼称)が琿春(こんしゅん/フンチュン)にあった日本領事館を襲ったとして、軍隊が派遣された。しかし派兵の直接的契機となった10月の事件は、被害内容、日本軍の対応の早さなどから、口実をつくるための謀略である可能性が強いといわれている。日本軍は翌年1月の撤兵まで、襲撃、虐殺、暴行を行い、数千人の朝鮮人が犠牲となった。[松本俊郎]
『姜徳相編『現代史資料27・28』(1970、72・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

間島事件の関連キーワードフンチュン(琿春)市拠点大正口実琿春

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android