コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間島問題 かんとうもんだい

2件 の用語解説(間島問題の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間島問題
かんとうもんだい

間島地域における清韓両国の国境問題。間島地域 (朝鮮の東北辺境を流れる図們江以北) の帰属をめぐっての清韓両国間の国境画定交渉はことごとく失敗し,清国は図們江 (豆満江) 以北を自国領と主張して軍隊を派遣していたが,1906年韓国政府は韓国民の生命財産保護のための援助を韓国統監に要請,統監府は 07年8月実力をもって間島の龍井村に韓国統監府臨時派出所を設けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間島問題
かんとうもんだい

間島地方の帰属をめぐる中国(清(しん)朝)・朝鮮・日本間の係争。間島地方は中国東北の南東端に位置し、現在の中国吉林(きつりん/チーリン)省延辺(えんぺん/イエンピエン)朝鮮族自治州がほぼこれにあたる。同地域を北間島(東間島)と称し、白頭山以西の鴨緑江(おうりょくこう)下流域、現在の吉林省長白朝鮮族自治県を西間島とよぶこともあるが、一般に間島地方という場合には前者をさすことが多い。
 間島は朝鮮さらにはソ連との国境地帯にあり、朝鮮人移住者が多かったことから、古来、中国・朝鮮間の国境問題、民族問題の火種となってきた。そしてこの問題は、日本が朝鮮植民地化と中国東北侵略を進めるなかで深刻化した。すなわち日本の朝鮮支配、抑圧の結果として間島へ移住する朝鮮人が急増し(居住者の数は1900年代の7~9万人から、1930年代の四十数万人へ増加)、その数は居住人口の7~8割を占めるに至った。移住者の多くは日本の迫害を受けて朝鮮を離れ、さらに中国人地主のもとで極貧の小作人となった。こうした事情を背景に間島は抗日朝鮮民族独立運動の根拠地となり、また中国人と朝鮮人の間の対立も激化した。
 このような状況に対応して朝鮮統監府は1907年に間島に派出所を設け、軍事要員を配置した。他方、09年の間島協約では、安奉(あんぽう)線改築問題、撫順(ぶじゅん)台と煙台の炭坑還付問題などでの中国側の譲歩を条件に、日本は清朝の間島領有を「承認」した。しかし、協約締結直後から、そしてとくに15年の南満東蒙(なんまんとうもう)条約の成立以降、日本は中国人と朝鮮人の間の対立を扇動しつつ、利権の拡大と抗日運動の弾圧を繰り返した。[松本俊郎]
『牛丸潤亮・村田懋麿編『最近間島事情』(1927・朝鮮及朝鮮人社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間島問題の関連キーワードデンシティ中越国境問題新潟県村上市間島富山県富山市中間島富山県氷見市間島愛知県海部郡大治町北間島北間島《北間島》来間島船間島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone