コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接サイン かんせつサインsilhouette sign

世界大百科事典 第2版の解説

かんせつサイン【間接サイン silhouette sign】

電気サインの一種で,電球やネオンサイン管などを,文字や図形遮光板背面に隠して,周辺壁面を照らすようにしたもの。型板表面には目だつ色彩を塗装して,昼間はサイン文字や図形が色づいて見え,夜間はこれがシルエットになって,周辺との輝度対比によって認識できるようにした屋外広告媒体である。電気サインにはこのほか,電球を露出して,その輝度が直接目に入り注意を引く直接サイン,半透明の物体で囲まれた内部に光源を入れた包囲サインがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android