間接雇用(読み)カンセツコヨウ

デジタル大辞泉「間接雇用」の解説

かんせつ‐こよう【間接雇用】

使用者労働者の間に直接の雇用関係がない雇用形態のこと。労働者供給事業中間搾取強制労働などの弊害を生む原因となるため、労働基準法および職業安定法で禁止されているが、労働者派遣法に基づく派遣労働に限り合法化されている。→直接雇用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android