職業安定法(読み)しょくぎょうあんていほう

百科事典マイペディア「職業安定法」の解説

職業安定法【しょくぎょうあんていほう】

国民の労働する権利を保障するため,労働する意思と能力を有するすべての人に,適当な職業につく機会を保障し,同時に必要な労働力を充足するための諸政策を遂行することを目的とする法律(1947年)。この法律に基づいて,公共に奉仕する職業安定所その他の機関が設置される。職業安定法は公共的職業紹介事業を制度化するとともに,労働者供給事業や労働者からの中間搾取を目的とする口入れ屋・手配師等の営利的職業紹介事業を禁止している。ただし,近年,有料職業紹介事業の規制緩和が進み,1985年には〈労働者派遣法〉が制定され,1997年に採択されたILOの〈民間職業紹介所に関する条約〉の批准(1999年)以後,大幅な改正がなされている。→人材派遣業
→関連項目公共職業安定所職業紹介労働法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「職業安定法」の解説

しょくぎょうあんてい‐ほう〔シヨクゲフアンテイハフ〕【職業安定法】

各人の能力に適した職業につく機会を与えることによって、産業に必要な労働力を充足し、職業の安定と経済興隆を図ることを目的とする法律。昭和22年(1947)施行。職安法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「職業安定法」の解説

職業安定法
しょくぎょうあんていほう

昭和 22年法律 141号。これから雇用関係に入ろうとする労働者に対して,各人の能力にふさわしい就職の機会を斡旋することによって産業に必要な労働力を確保し,もって職業の安定をはかるとともに経済の発展に寄与することを目的とする法律。公共職業安定所その他の職業紹介,職業指導,労働者の募集,労働者供給事業などについて規定する。労働市場組織化就業の際における労働者保護を目的としているために,職業紹介には原則として営利職業紹介事業を認めず,公共職業安定所のみが無料で行うようにしていることが特徴である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「職業安定法」の解説

しょくぎょうあんてい‐ほう ショクゲフハフ【職業安定法】

〘名〙 公共の職業安定機関が、各人に適当な職業につく機会を与えることによって産業に必要な労働力を充足し、失業発生を防止することを目的とする法律。昭和二二年(一九四七)制定。平成一一年(一九九九)一部改正。公共職業安定所などの職業安定機関、職業紹介、職業指導、労働者供給事業などについて規定する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「職業安定法」の解説

しょくぎょうあんていほう【職業安定法】

各人に能力に応じた適当な職業に就く機会を与えることによって就職や転職の円滑化を図ることを目的とする法律。職安法と略する。雇用保険法や職業能力開発促進法(旧職業訓練法)とあいまって労働者の雇用保障の実現を目ざす。第2次大戦前の職業紹介法(1921公布)は,私的な営利職業紹介や労働者募集に対する警察的取締りが中心であったが,職業安定法(1947)は労働権(憲法27条)や職業選択の自由(憲法22条)を保障する観点から,求職者に適切な就労の機会を与えることを重視している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の職業安定法の言及

【職業指導】より

…職業指導が行われる代表的な場は,労働行政と教育界である。労働行政,主として公共職業安定所の行う職業指導は,〈職業に就こうとする者に対し,その者に適当な職業の選択を容易にさせ,及びその職業に対する適応性を大ならしめるために必要な実習,指示,助言その他の指導を行う〉(職業安定法5条)ものである。またこの指導は,身体に障害のある者,新たに職業に就こうとする者,その他職業に就くにあたり特別の指導援助を必要とする者(たとえば高年齢者など)に対して行われなければならないとされている(同法22条)。…

【職業紹介】より

…したがって,労働力の提供を労働者供給,請負等によって求めようとするものは求人ではないし,自営業,内職等に就こうとするものは求職ではない。 職業安定法(1947公布)は国が無料の職業紹介事業を行うことを規定し,その実施機関として全国に公共職業安定所が設置されている。職業紹介事業は国が行うのが原則であるが,それよりも効果的であり,かつ弊害がないと判断される次のような場合に特例が認められている。…

【労働者派遣事業法】より

…他の企業の労働者の提供を受けて,自己の企業の業務に従事させる形態が普及しはじめ,そのために人材派遣業が生まれてきたが,職業安定法によって労働者供給事業が禁止され,業務請負の形態のみが可能であった。しかしそれには厳格な要件が課せられていた。…

【労働法】より

…すなわち,憲法25条の生存権規定を頂点として,一方においては憲法27条1項の勤労権規定を受けた雇用政策に関する一連の法規および同2項の最低労働条件法定の原則の下に制定された労働保護法規から成る個別的労働関係法が展開し,他方,憲法28条における団結権団体交渉権,団体行動権のいわゆる労働三権の保障を具体化するものとして集団的労働関係法が展開する。 まず雇用政策に関する法律については,公共の職業紹介による労働力需給の調整と労働力取引の公正化を図り(職業安定法。1947公布),失業中の生活保障を行う(1947年公布の失業保険法は後に改正され,74年には雇用保険法となり積極的な失業防止策がとり入れられた)と同時に政府みずからが公共事業を行って雇用を創出する(緊急失業対策法。…

※「職業安定法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android