コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間搾取 チュウカンサクシュ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうかん‐さくしゅ【中間搾取】

賃金支払者と労働者との間に介在し、賃金の一部を横取りすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんさくしゅ【中間搾取】

本来,労働者と使用者の間で直接交わされるべき雇用契約に介入して,どちらかから謝礼を受け取ったり,賃金の一部を先取りすること。俗に〈ぴんはね〉と呼ばれる。中間搾取には大きく分けて,中間請負人(請負業者)が特定の作業を請け負い,その請負代金の一部を取得する形態と,労働者を直接供給し労働者からその賃金の一部を取得する形態とがある。第2次大戦前の日本では製造業を中心として社会的に適法な行為として広範に存在していたが,戦後,職業安定法44条が労働者供給事業を禁止し,労働基準法6条が〈他人の就業に介入して利益を得てはならない〉ことを規定するにともなって,合法的には存在しなくなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんさくしゅ【中間搾取】

資本家や地主などの有産階級と直接生産者または賃金労働者との間に介在し、その労働の成果の一部を横取りすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中間搾取
ちゅうかんさくしゅ

製品加工・組立てや労働力供給の中間に介在し、取引機会の供給と管理・監督などを理由に、主として下請業者や労働者の賃料のぴんはねを行うことをいう。中間搾取も搾取の一形態ではあるが、その内容は搾取より狭く、内職・家内労働や土建業・鉱業などでの請負労働など、いわゆる縁辺労働に支配的に認められる。他方、高度産業経済下での企業内分業や社会的分業の発達が、社外工制や下請加工制を不可避なものとしたり、パート労働を増加させている面もある。今日では、あまりにも前近代的な中間搾取行為は、職業安定法や労働基準法、さらには不当・不正な取引を禁じている独占禁止法などによって、法制的に規制されており、その是正策がとられている。[吉家清次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中間搾取の関連キーワード小樽港湾労働者争議ジェラーリーの反乱労働者派遣事業法出光興産(株)安土桃山時代足尾鉱山暴動王安石の新法協同組合主義賃金労働者一地一作人港湾労働法井戸村与六派遣社員太閤検地織田信長堀田正俊偽装請負有産階級一職支配飯場制度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中間搾取の関連情報