コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間部詮道 まなべ あきみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間部詮道 まなべ-あきみち

1853-1892 幕末-明治時代の大名。
嘉永(かえい)6年9月6日生まれ。間部詮勝(あきかつ)の8男。兄詮実(あきざね)の急死で,元治(げんじ)元年越前(えちぜん)(福井県)鯖江(さばえ)藩主間部家9代となる。明治15年隠居し,長男詮信(あきのぶ)が家をついで子爵となる。明治25年4月6日死去。40歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

間部詮道の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android