コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間部詮勝 まなべ あきかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間部詮勝 まなべ-あきかつ

1804-1884 江戸時代後期の大名。
文化元年2月19日生まれ。間部詮煕(あきひろ)の3男。兄詮允(あきさね)の養子となり,文化11年越前(えちぜん)(福井県)鯖江(さばえ)藩主間部家7代。寺社奉行,大坂城代,京都所司代をへて,天保(てんぽう)11年老中となり,14年辞任。安政5年老中に再任され,通商条約勅許をえるため朝廷工作をおこない,尊攘(そんじょう)派を弾圧。6年大老井伊直弼(なおすけ)と対立して老中を辞任。明治17年11月28日死去。81歳。初名は詮良。字(あざな)は慈郷。通称は鉞之進。号は松堂。下総守(しもうさのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まなべあきかつ【間部詮勝】

1802‐84(享和2‐明治17)
幕末の老中。越前鯖江藩主。1814年(文化11)藩主となり下総守と称した。寺社奉行,大坂城代を経て,38年(天保9)京都所司代,40年西丸老中となり,43年辞職。日米修好通商条約調印直後の58年(安政5)6月,罷免された堀田正睦松平忠固に代わって大老井伊直弼に老中に登用された。条約調印の事情を上奏するために,9月京へ上って長野主膳と連絡をとり,京都所司代酒井忠義を指揮して尊王攘夷派の公卿の家臣や諸藩の志士の逮捕を行った(安政の大獄)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まなべあきかつ【間部詮勝】

1802~1884) 江戸末期の越前鯖江藩主。老中。下総しもうさ守。井伊直弼のもとで、条約勅許問題・将軍継嗣問題にあたった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間部詮勝
まなべあきかつ

[生]享和2(1802).2.19. 江戸
[没]1884.11.28. 東京
江戸時代後期の幕府老中。越前鯖江藩主。下総守。詮煕の子。通称,鉞之進。致仕後松堂と号した。文化1 (1804) 年 12月詮充の養子となり,同 11年鯖江藩5万石を襲封。同9年奏者番,天保2 (31) 年寺社奉行加役,同7年大坂城代,同9年京都所司代,同 11年老中に任じられたが,同僚の水野忠邦と合わず引退。安政5 (58) 年再び井伊直弼によって登用され,老中として勝手掛,外国掛をつとめ,安政の大獄の指揮をとった。老中辞職後,在職中の行動につき追罰を受けて致仕,謹慎を命じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間部詮勝
まなべあきかつ
(1804―1884)

幕末の老中、第7代越前国鯖江(さばえ)藩主。第5代藩主間部詮煕(まなべあきひろ)の三男。間部氏。通称は下総守(しもうさのかみ)。1814年(文化11)藩主となる。以後、奏者番、大坂城代、京都所司代に進み侍従に任じられた。1840年(天保11)西丸老中となったが、1843年老中首座水野忠邦との意見不一致により解任された。1858年(安政5)大老井伊直弼(いいなおすけ)の下で老中となり、日米修好通商条約調印の事情説明の上使として上洛、京都で安政の大獄の弾圧の指揮をとり、調印のやむをえざる事情は認めるとの勅書を得て、翌年3月江戸へ戻る。その後、直弼と不和となり12月に免職。尊王攘夷(そんのうじょうい)運動が盛んとなった1862年(文久2)11月、在職中に不都合の処置をなしたとの理由で隠居、急度慎(きっとつつしみ)を命ぜられた。1865年(慶応元)謹慎を解かれ剃髪(ていはつ)して松堂と号した。[小野正雄]
『間部家文書刊行会編『間部家文書4』(1986・鯖江市役所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

間部詮勝の関連キーワード条約勅許問題大河内 正質桜田門外の変大河内正質孝明天皇西山公園松下村塾間部詮道松平信古間部詮実吉田松陰三条実万生田良佐大獄襲封

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間部詮勝の関連情報