コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間隙水 かんげきすい pore water

1件 の用語解説(間隙水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間隙水
かんげきすい
pore water

たい積物中の土粒子間を満たしている水のこと。海底たい積物中の間隙 (かんげき) 水は,土粒子の表面に付着した移動性に乏しい吸着水と重力の作用だけで移動する重力水に分けられる。間隙水の分析から,たい積物の酸化還元状態の変化や組成変化が分かり,固体・液体間の化学平衡の議論ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間隙水の関連キーワードフラグ単粒構造長骨粒径氷河堆積物津波堆積物堆積物重力流級化粘土粒子Incomplete

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間隙水の関連情報