コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関主税 せき ちから

美術人名辞典の解説

関主税

日本画家。大正8年(1919)千葉県生。東美校卒。中村岳陵・結城貴明に師事する。風景・花鳥画を得意とする。日展理事。芸術院賞受賞。平成12年(2000)歿、81才

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関主税 せき-ちから

1919-2000 昭和後期-平成時代の日本画家。
大正8年1月4日生まれ。結城素明(ゆうき-そめい),中村岳陵(がくりょう)に師事。日展で活躍。昭和29年加山又造らと不同社を結成した。43年日展で「山路」が内閣総理大臣賞。61年「野」で芸術院賞。平成4年芸術院会員。平成12年11月1日死去。81歳。千葉県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関主税の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android