コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関戸信房 せきど のぶふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関戸信房 せきど-のぶふさ

?-1830 江戸時代後期の商人。
尾張(おわり)名古屋藩の御用達商人の首座三家衆のひとり。父富信の代に米穀・味噌業で隆盛になった関戸家をつぐ。延米会所支配人となり,米切手引き替え,米切手添え印につくし,名字帯刀をゆるされた。天保(てんぽう)元年死去。通称は鉄太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関戸信房の関連キーワード奴隷制廃止運動民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)シャルルルイフィリップ赤と黒お蔭参り

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android