関戸信房(読み)せきど のぶふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関戸信房 せきど-のぶふさ

?-1830 江戸時代後期の商人。
尾張(おわり)名古屋藩の御用達商人の首座三家衆のひとり。父富信の代に米穀・味噌業で隆盛になった関戸家をつぐ。延米会所支配人となり,米切手引き替え,米切手添え印につくし,名字帯刀をゆるされた。天保(てんぽう)元年死去。通称は鉄太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android