コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根白芹 せきね はっきん

1件 の用語解説(関根白芹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根白芹 せきね-はっきん

1756-1817 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦6年生まれ。家業は江戸日本橋馬喰(ばくろ)町の宿屋。葛飾(かつしか)派の宗家3代其日(きじつ)庵の溝口素丸(みぞぐち-そまる)の門人。享和2年加藤野逸(やいつ)の跡をついで5代其日庵となった。文化14年10月21日死去。62歳。名は昭房。別号に素水,桂洲。句集に「白芹叟句集」,編著に「青ひさご」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の関根白芹の言及

【葛飾派】より

…4世加藤野逸(1728‐1807)。5世関根白芹(初め素水,ついで桂洲。1756‐1817)。…

※「関根白芹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関根白芹の関連キーワード羅城石田友汀大森礼三菊堂草加崑山三鍼慈徳院樗雲滕元鳳吉田子方

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone