コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関淑子 せき としこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関淑子 せき-としこ

1908-1935 昭和時代前期の社会運動家。
明治41年9月10日生まれ。関鑑子(あきこ)の妹。女子英学塾(現津田塾大)在学中よりプロレタリア演劇運動に参加。日本労働組合全国協議会関東金属労組本部書記などをつとめる。地下活動で潜伏中の昭和10年1月27日東京浅草で焼死。28歳。東京出身。名は「よしこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android