コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関直彦 せき なおひこ

美術人名辞典の解説

関直彦

政党政治家。和歌山県生。東大法学部卒。鳩山知夫の紹介で福地源一郎の日報社に入り、社長を務める。第一回総選挙より衆議院議員に十回当選。立憲国民党革新倶楽部革新党に所属し非政友会系の自由主義議員として活躍、衆議院副議長となる。東京弁護士会会長。勅選貴族院議員。昭和9年(1934)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関直彦 せき-なおひこ

1857-1934 明治-昭和時代前期の政治家。
安政4年7月16日生まれ。東京日日新聞にはいり,福地桜痴の後をうけ社長となる。のち東京で弁護士を開業。明治23年衆議院議員(当選10回)。衆議院副議長。非政友会系の政党政治家として活躍した。東京弁護士会会長,貴族院議員。昭和9年4月21日死去。78歳。江戸出身。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の関直彦の言及

【東京日日新聞】より

…明治前期には岸田吟香末松謙澄らも活躍した。80年前後からの政府批判の高まりとともに御用新聞批判が強まり,しだいに勢力を弱め,88年福地は社長の座を関直彦(1857‐1934)に譲り,退社した。関はそれまでの御用新聞主義から中立主義に切りかえ,紙面を刷新して,大幅に部数を伸ばしたが,内外の策動で91年に退任し,伊東巳代治が社長となった。…

※「関直彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android