革新倶楽部(読み)かくしんくらぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

革新倶楽部
かくしんくらぶ

日本の政党。立憲国民党の後身として,犬養毅尾崎行雄島田三郎らによって 1922年 11月8日結成された。立憲政友会憲政会とともに第2次護憲運動 (→憲政擁護運動 ) のために活動。 25年5月 10日その総会において政友会との合同を決定して解散し,尾崎行雄ら合同反対派は同 30日新正倶楽部を組織した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

革新倶楽部【かくしんくらぶ】

既成政党の打破を宣言して,立憲国民党を中心に,憲政会脱党派などが合し,1922年に創立された政党。党首をおかないことを建前としたが,事実上の党首は犬養毅。島田三郎,尾崎行雄中野正剛らを有力党員とする。普通選挙断行,軍備縮小を要求して,加藤高明内閣には犬養を送ったが,少数党としてとどまり,1925年政友会にその大部分が吸収された。
→関連項目国民党護憲運動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

革新倶楽部
かくしんくらぶ

大正時代の自由主義的政党。大正デモクラシー運動の高まりのなかで、立憲国民党を中心とする45名の代議士によって1922年(大正11)11月8日に結成された。党首を置かず、党議拘束制を廃止したが、最高指導者は犬養毅(いぬかいつよし)であった。普通選挙と政党内閣制の実現、軍部大臣武官制廃止、師団半減、知事公選、行財政整理、労働および小作問題の立法的解決、ソビエト承認などを主張し、議会内最左派として活躍した。憲政会、立憲政友会とともに第二次護憲運動を指導し、政党政治を成立させたが、憲政・政友両党の挟撃にあって党勢拡張に失敗し、犬養らの右派は25年5月14日に政友会へ合流、清瀬(きよせ)一郎らの左派は5月30日、院内交渉団体新正倶楽部を組織し、さらに27年(昭和2)6月3日革新党を結成した。[木坂順一郎]
『井上清編『大正期の政治と社会』(1969・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かくしん‐クラブ【革新倶楽部】

[一] 大正一一年(一九二二)、立憲国民党員、無所属議員、憲政会脱党議員などが、犬養毅を中心に結成した政党。政界の現状打破、普通選挙即行を主張し、第二次護憲運動を積極的に推し進めた。同一四年、大部分が政友会に合流し、残りは革新党を結成したが昭和七年(一九三二)解党。
[二] 明治三〇年(一八九七)に、立憲革新党系の白鳥慶一、関戸覚蔵などが結成した政治組織。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android