コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関義長 せき よしなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関義長 せき-よしなが

1892-1970 大正-昭和時代の経営者。
明治25年6月20日生まれ。関義臣(よししげ)の次男。三菱合資にはいり,大正10年三菱電機設立とともに移籍。昭和24年副社長となり,アメリカのウェスチングハウス社との技術提携を復活させる。31年社長。電子技術,原子力,宇宙ロケットの開発を推進した。昭和45年7月12日死去。78歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関義長の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android