コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関荘三郎 せき そうざぶろう

1件 の用語解説(関荘三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関荘三郎 せき-そうざぶろう

?-? 江戸時代前期の天文家。
寛文(1661-73)ごろの長崎の人。マカオ,ルソンでまなんだ長老について,西洋の天文学をおさめた。また暦算家小林義信にもまなんだ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関荘三郎の関連キーワード定道石原信由遠藤盛俊片山円然金子半翁佐竹義根寺沢友斎中西子彦中西雰岳正歳