コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関荘三郎 せき そうざぶろう

1件 の用語解説(関荘三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関荘三郎 せき-そうざぶろう

?-? 江戸時代前期の天文家。
寛文(1661-73)ごろの長崎の人。マカオ,ルソンでまなんだ長老について,西洋の天文学をおさめた。また暦算家小林義信にもまなんだ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関荘三郎の関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone