コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関蕉川 せき しょうせん

1件 の用語解説(関蕉川の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関蕉川 せき-しょうせん

1793-1857 江戸時代後期の儒者。
寛政5年11月生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の人。帆足万里(ほあし-ばんり)に入門。のち大坂の関居易斎にまなび,その養子となる。天保(てんぽう)3年豊後日出(ひじ)藩につかえ,5年家老となった。安政4年6月12日死去。65歳。本姓は小山。名は勝之。字(あざな)は子克。通称は準平,素平。著作に「四書註」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関蕉川の関連キーワード上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱東条一堂正司考祺デカブリスト正司考祺ミシン接触変成作用輝岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone