関蕉川(読み)せき しょうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関蕉川 せき-しょうせん

1793-1857 江戸時代後期の儒者。
寛政5年11月生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)の人。帆足万里(ほあし-ばんり)に入門。のち大坂の関居易斎にまなび,その養子となる。天保(てんぽう)3年豊後日出(ひじ)藩につかえ,5年家老となった。安政4年6月12日死去。65歳。本姓は小山。名は勝之。字(あざな)は子克。通称は準平,素平。著作に「四書註」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android