関藤謙治(読み)せきとう けんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関藤謙治 せきとう-けんじ

1875-1964 明治-昭和時代の実業家。
明治8年9月15日生まれ。41年岡山県で井原笠岡軽便鉄道(のちの井笠鉄道)の設立に尽力し,昭和16年社長となる。笠岡湾の浚渫(しゅんせつ),防波堤築造,富岡湾の干拓などに協力し,井原・笠岡地区の経済発展につくした。昭和39年8月2日死去。88歳。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android