コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関通 かんつう

2件 の用語解説(関通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関通 かんつう

1696-1770 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)9年4月8日生まれ。江戸の浄土宗増上寺でまなぶ。享保(きょうほう)8年(1723)郷里の尾張(おわり)(愛知県)へもどり,尾張のほか,江戸,京都など各地で浄土律の普及につとめた。のち京都円通寺,転法輪寺を建立。明和7年2月2日死去。75歳。俗姓は横井。号は一蓮社向誉。著作に「帰命本願鈔諺註俚語」「一枚起請梗概聞書」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

関通

没年:明和7.2.2(1770.2.27)
生年:元禄9.4.8(1696.5.8)
江戸中期の浄土宗の僧。尾張国(愛知県)生まれ。増上寺で修学し,祐天から宗戒両脈を受けて,浄土律の提唱者の敬首から菩薩戒を受け,持律生活を重んじ浄土律の興隆に尽くした。江戸から尾張に帰るときに箱根において,生死の関頭には念仏をもって通るしかないと悟り,関通と名乗り始めた。のちに尾張,伊勢を中心に諸国を遊化し,寺院を創建しては僧尼を止住させ,僧尼子弟を養成した。16ほどの寺院を創建し,約1500人を得度させ,約3000人に円頓戒を授けたという。その門流は関通流と呼ばれる。<著作>『関通上人全集』

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

関通の関連キーワード土佐光成御当家令条関通エレキテルチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルン後桜町天皇ドイツ演劇神呪寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関通の関連情報