コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関雪江 せき せっこう

1件 の用語解説(関雪江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関雪江 せき-せっこう

1827-1877 幕末-明治時代の書家。
文政10年生まれ。関思亮(しりょう)の子。常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩士。代々書家としてつかえ,詩もよくした。慶応3年江戸で家塾雪香楼をひらいた。明治10年11月24日死去。51歳。江戸出身。名は思敬(しけい)。字(あざな)は鉄卿(てつあき)。通称は鉄蔵,忠蔵。別号に弘道,雪香楼。編著に「六書十体考」,詩集に「雪香楼詩鈔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関雪江の関連キーワード東京大学カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング安達喜幸木内喜八木内喜八富士松紫朝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone