コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関雪江 せき せっこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関雪江 せき-せっこう

1827-1877 幕末-明治時代の書家。
文政10年生まれ。関思亮(しりょう)の子。常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩士。代々書家としてつかえ,詩もよくした。慶応3年江戸で家塾雪香楼をひらいた。明治10年11月24日死去。51歳。江戸出身。名は思敬(しけい)。字(あざな)は鉄卿(てつあき)。通称は鉄蔵,忠蔵。別号に弘道,雪香楼。編著に「六書十体考」,詩集に「雪香楼詩鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関雪江の関連キーワード中根 半嶺中根半嶺明治時代

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android