コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闡提正具 せんだい しょうぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

闡提正具 せんだい-しょうぐ

?-1329 鎌倉時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都法観寺の印叟救海(いんそう-きゅうかい)に師事し,その法をつぐ。大友貞宗(さだむね)にまねかれ豊後(ぶんご)(大分県)万寿寺にはいる。のち筑前(ちくぜん)(福岡県)顕孝寺の開山(かいさん)となった。元徳元年9月2日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

闡提正具の関連キーワード元徳竺仙梵僊エックハルト懐良親王嘉暦経世大典元徳玄翁心昭細川頼之三峰山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android