阪急電鉄[株](読み)はんきゅうでんてつ

百科事典マイペディアの解説

阪急電鉄[株]【はんきゅうでんてつ】

京都〜大阪〜神戸間および大阪北郊に路線網をもつ大手私鉄。阪急と略称。1907年箕面(みのお)有馬電気軌道として設立,のち阪神急行電鉄と改称,1943年旧京阪電気鉄道を合併して京阪神急行電鉄となる。1949年京阪電気鉄道の路線を分離。1973年現社名に改称。鉄道延長146.5km。神戸線,京都線,宝塚線などを営業するほか,不動産,流通,宝塚歌劇団などを兼業,阪急グループの中核をなす。初代社長小林一三の着想による沿線の宅地造成と分譲,ターミナルデパートの経営は私鉄における先鞭となった。2006年6月阪神電気鉄道を買収,同年10月阪急阪神ホールディングスと改称した。現在は阪急阪神ホールディングスが,阪急電鉄と阪神電気鉄道を完全子会社として抱える体制となっている。
→関連項目大阪[駅]オリックス[株]阪急百貨店[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんきゅうでんてつ【阪急電鉄[株]】

京都,大阪,兵庫の3府県に143.8km(1997)の営業路線を有する標準軌間民営鉄道。大阪の梅田を起点三宮に至る神戸線,宝塚に至る宝塚線,河原町に至る京都線の3本線のほか,神戸線と宝塚線を結ぶ今津線,千里ニュータウンに至る千里線などの支線から成る。神戸高速鉄道に属する三宮~西代間も第二種鉄道事業として営業している。小林一三が創設した。1907年創立の箕面有馬(みのおありま)電気軌道が建設した宝塚線を最初とし,18年に阪神急行電鉄と改称して神戸線を開いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android