コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅地造成 たくちぞうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宅地造成
たくちぞうせい

農地,山林原野などを宅地に転換して整地し,あるいは沼沢地や水面を埋立てるなどして住宅,工場などの建築敷地や市街地用地を造り出すこと。整地のほか道路の新設,区画割りを行い,上下水道,電気,電話,ガスなどの施設を完備させる。もともと宅地であったところで,土地の形質に改変を加える場合も宅地造成ということがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たくち‐ぞうせい〔‐ザウセイ〕【宅地造成】

住宅用地にするために、農地・山林などを整地したり、道路を新設したりすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たくちぞうせい【宅地造成】

農地や山林などを宅地として使えるようにするため、土地の形状変更を行うこと。宅造。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

宅地造成の関連キーワード優良田園住宅の建設の促進に関する法律宅地造成工事規制区域羽田コンクリート工業歴史的風土保存区域宅地造成等規制法造成宅地防災区域大阪府四條畷市市街化調整区域東日本ハウススクレーパー住宅金融公庫デベロッパー黒埼[町]古都保存法飯能[市]清水[町]里庄[町]埼玉[県]不動産業大末建設

宅地造成の関連情報