宅地造成(読み)たくちぞうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宅地造成
たくちぞうせい

農地,山林原野などを宅地に転換して整地し,あるいは沼沢地や水面を埋立てるなどして住宅,工場などの建築敷地や市街地用地を造り出すこと。整地のほか道路新設区画割りを行い,上下水道,電気,電話,ガスなどの施設を完備させる。もともと宅地であったところで,土地の形質に改変を加える場合も宅地造成ということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たくち‐ぞうせい〔‐ザウセイ〕【宅地造成】

住宅用地にするために、農地・山林などを整地したり、道路を新設したりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たくち‐ぞうせい ‥ザウセイ【宅地造成】

〘名〙 農地、山林などを宅地にするために、土地の形質の変更工事を行なうこと。
※夢の超特急(1963)〈梶山季之〉一「宅地造成や分譲住宅という積極的な経営に乗りだして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android