コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿久根県立自然公園 あくねけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿久根県立自然公園
あくねけんりつしぜんこうえん

鹿児島県北西部,阿久根市北西端,黒之瀬戸から海岸線沿いに牛之浜にいたる地域で,大島 (阿久根大島) ,桑島などの島々を含む自然公園。面積 7.55km2。 1953年指定。黒之瀬戸の潮流の激しさは有名。幅は最狭部で 300m,長さ約 3kmの狭い海峡で,干満潮時に海水が往復する眺めは勇壮。大島は阿久根港から海上 2kmにあり,周囲 4km,面積約 0.4km2。全島マツ林でおおわれる。野生のシカが群棲。6~7月にはウミガメが産卵にくる。阿久根温泉の付近は小松原公園,戸柱公園,五色浜などの景勝地で,海水浴場,釣場,キャンプ場などとしてにぎわう。 74年,黒之瀬戸大橋が開通。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android