コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群棲 グンセイ

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐せい【群×棲】

[名](スル)同一種類の動物が、集団をつくって生活すること。「群棲するシマウマ」
[補説]書名別項。→群棲

ぐんせい【群棲】[書名]

黒井千次長編小説。都会から少し離れた住宅地に住む4家庭の、それぞれの閉塞感を描く。昭和59年(1984)刊行。同年、第20回谷崎潤一郎賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

群棲の関連キーワード瀬波笹川流れ粟島県立自然公園明治の森箕面国定公園スレバルナ自然保護区宇和海海域公園地区阿久根県立自然公園サイモンズタウンマグレモーゼ文化ナクル湖国立公園エルメンテイタ湖誕生寺(千葉県)テュルンハウトランバーツベイケープクロス五城目(町)ドイカー島ボゴリア湖富士川の戦麻田 弁自群生・群棲牧畜文化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android